放課後等デイサービス事業 ふれんず つばさ

 

『放課後等デイサービス事業』とは

◯放課後や長期休暇中の障がい児のサポート

 

学校に通っている障害をもつ児童・生徒さんが、放課後や夏休み等の長期休暇において、生活能力向上のための訓練等を継続的にサポートすることで、学校教育と相まって障害児の自立を促進するとともに、放課後等に安心して過ごせる場所と時間の提供を行います。

 

ふれんず つばさの紹介

ふれんず つばさは下記の事業所でサービスを提供しています。

 

サービス提供対象 菊川市・掛川市・御前崎市在住の小学生から高校生まで
定員

1日10名まで

事業所所在地
○コロポックルの家1F
住所: 菊川市上平川1185番地の2
電話番号: 0537-73-0151
利用時間: 平   日 12:00~18:00
  土曜・祝日 9:00〜18:00
  長期休暇中 9:00~18:00
※日・年末年始・お盆は休所
※土曜日はお休みの日もあります。

 

施設の様子

日中風景

放課後等デイサービス事業 ふれんず つばさ

 

放課後等デイサービス事業 ふれんず つばさ

 

放課後等デイサービス事業 ふれんず つばさ

放課後等デイサービス事業 ふれんず つばさ

 

放課後等デイサービス事業 ふれんず つばさ

 

特色のある活動

 

ふれんず つばさでは様々な特色のある活動を行っています。

 

○絵画療法

○音楽療法

○陶芸(作品を焼く場合は粘土代が実費でかかります)

○トランポリン

 

一日の流れ

 

○お迎え・受入

学校のある日は、学校やバス停までの送迎を行っています。学校休業日は、保護者の方の送迎で来所いただきます。来所後は、手洗いと体調管理のための検温をします。

 

○お昼

お弁当を持参して頂きます。

 

○おやつ

好みのお菓子や手作りのお菓子など、お子さんの嗜好にあうおやつを保護者の方にご用意いただいています。

 

○遊び(個別支援計画に基づいた支援)

プラレールや積木など、たくさんの遊具を準備しています。

お子さんの発達を伸ばしつつ、その日の体調に合わせたサポートができるよう職員も工夫をしています。

室内の遊びだけでなく、散歩やトランポリンなど体を動かしたり、音楽療法や絵画療法、陶芸など感性を刺激する活動も取り入れています。

 

△ページトップへ戻る