パン工房 ハーモニー

パン工房 ハーモニーは、社会福祉法人草笛の会 草笛共同作業所の運営するパン工房です。

 

パン工房 ハーモニーでは、パンの製造・販売を通じ利用者の自立や地域とのつながりを強化し、就労継続支援につながるようメンバーみんなで取り組んでいます。

 

いつもにこにこ愉快なメンバーが、毎日素材にこだわったおいしいパンを手作りしています。

 

パン作りの作業を分担し、みんなの得意なことをパン作りに活かしながら大切に大事に安全なパンを皆様にお届けできるようがんばっています。

 

小さなお子さまからお年寄りまで安心してハーモニーのパンをお召し上がりいただけるよう素材の味を生かし、保存料・着色料やトランス脂肪酸などを一切使用しないパン作りを心がけています。

 

パン工房 ハーモニー

くさぶえパン工房

草笛共同作業所での事業の1 つにパンの製造販売があります。

50種類に及ぶパンを毎日、日替わりで焼き上げ、地元の企業や施設への販売を行っています。

又、大手ドラッグストアーへの納入や近隣ホテルへの朝食パンの提供も行なっております。

常設の売り場は、菊川市総合保健福祉センター「プラザけやき」内の売店、「ハーモニー」がございます。

 

手作り【くさぶえパン工房では、急な大量のご注文はお受けできません】

注文を頂いてから材料を仕入れ、ご利用日の前日、又は当日の朝、焼き上げています。

くさぶえパンは障がいを持つ仲間と一緒に作る為、ゆっくりと丁寧に作業を進めていきます。

パン生地は発酵に時間をかければかけるほど、おいしくなります。

ゆっくりと作るくさぶえパンは発酵に充分な時間が取れます。

そして、焼きあがったパンは芳醇な香ばしさと食感がより引き立ち、パン本来のおいしさに仕上がります。

まさにスローフードを体現した、手作りパンをお届けできるのです。

 

作りたて【くさぶえパンは、長く日持ちはしません】

それは、作ったものをすぐお口にされることを前提に作っているからです。

すぐに食されるパンですから、保存料も入っておりません

余分に作らず、必要な分を必要な分だけ焼き上げています。

ですから1個1個のパンがスペシャルなのです。

 

材料と添加物【くさぶえパンは特別な材料を使っている訳ではありません】

安全で良質な、でも、ごく普通に手に入る食材を使用し丁寧な作業の中で、1個1個を焼き上げています。

できるだけ地のものを使い「地元の味」にこだわり、添加物も最小限に抑え、余分なものも入っていません。

また、草笛パンのレシピの中には、食用竹を使った「竹食パン」「竹炭ソフトフランス」といった商品が有ります。

増え続ける野生のモウソウ竹を有効活用するという観点から大学の研究機関の協力を仰ぎ、開発されてできたパンです。

食物繊維が豊富なこれらのパンは、腸内環境を整え、健康にも良い、まさに一石二鳥のパンなのです。

おいしいパンを作るのに必要な、普通の材料だけでじっくり丁寧につくる。

できそうで出来ないことが、くさぶえパン工房ではできるのです。

 

バターの使用【お客様の健康を第一に考え】

一般に市販されているパンにおいて「植物油脂」を原材料として使用されていることが多いと思います。

これはいわゆるマーガリンのことですが、近年、このマーガリンに含まれるトランス脂肪酸(不飽和脂肪酸)の危険性が、研究者により指摘されています。

くさぶえパンはマーガリンを使用せず、バターを使って焼き上げています。

くさぶえパンの利用は、食される利用者様の健康維持において、より安全な選択肢となると思います。

 

パンの販売収益【パン販売の売上は・・・】

草笛共同作業所では知的障がいを持った方々に働く場(作業)を提供し、毎月工賃(給料)お支払いしています。

収益の向上は障がいを持つ方の工賃向上になります。

くさぶえパン工房で作られ、販売されたパンの収益は全て障がいを持った方に工賃(給料)として還元されます。

 

自立支援

皆様がパンを買ってくださることで、障がいを持つ方達への工賃(給料)の還元が出来ます。

パンがたくさん売れることで、還元される工賃も向上し、障がいを持つ方達の社会生活への自立支援を応援いただけます。

 

ご要望を承ります

小さなお子様、ご高齢の方、日々の給食やおやつ、行事やアニバーサリーなどのイベント。

いろいろな状況に応じて、大きさ、切り方等のご要望にお答えしていきます。

お客様からのご提案をかたちにして、おいしく、安全にお届けします。

 

ご注文の方法

1 週間前までに電話、又はファクスにて、ご注文下さい。

ご利用日の前日、又は当日に当作業所の職員が直接お届にあがります。

 

くさぶえパン注文票のダウンロード

 

 

パンフレットなどの「電子書籍」をお読みになる為には『Adobe Reader(無料)』が必要となります。

Adobe Reader のダウンロード

 

お問い合わせ窓口

草笛共同作業所

 

担当:鈴木宏明

 

電 話 : (0537)-73-5239

ファクス : (0537)-73-2908

 

△ページトップへ戻る