だいとう作業所

 

利用者数:22名

 

生活面

毎朝8時半頃に通所してきている利用者と職員でラジオ体操を行っている。天気の良い日は外で、悪天候の日は中で行っています。

 

上手く動かせる人と、リズムが合わない人、とにかく音楽に合わせて身体を動かす人など様々ですが、参加を嫌がる人はいません。

 

お昼になると生活保健部が毎日食事前と後にテーブルを消毒して拭いており、皆の健康を維持できるように努めています。

 

果樹園(職員2名 利用者5名)

掛川市清ヶ谷地区においてミカンを中心に栽培を行っています。

農薬、化学肥料を極力控えた(減農薬)安心・安全な商品作りを目指し、適切かつ効率的な生産栽培、管理を行っています。

また、みかんの新品種を導入し、収穫期の拡充を図っています。

 

ミカンは極早生、早生、青島、中生興津、晩生片山の5品種。

その他ポンカン、チャンドラポメロ、グレープフルーツ、レモン、きんかんなどの柑橘類も栽培しています。

 

最近では椎茸の原木栽培にも着手しており、商品化に向けて日々試行錯誤をしています。

 

だいとう作業場 果樹園

 

だいとう作業場 果樹園

 

花苗(職員2名 利用者14名)

播種から行い、移植、鉢広げ、水掛けなどいろんな作業工程をみんなで手分けして行っております。

春にはガザニア、アリッサム、マリーゴールド、ペチュニア。

夏にはポーチュラカ、ジニア、百日草、けいとう。

秋から冬にかけてはビオラ、パンジー、葉ボタン、ストック、デージーなどその他にもいろんな花苗を作っています。

 

近年切花にも着手して、夏場、冬場に出荷しています。野菜苗も通年を通し作っています。(なす、ピーマン、リーフレタス、きゅうり、いんげん、バジル、パセリ等)

 

お客様のご要望によりプランターでの販売もしております。

 

現在サンサンファーム、JAミナクル大城店・合戸店、菊川社会福祉プラザけやき内ラウンジにて売り出しております。

また、地元のイベントでも出店しています。

 

だいとう作業場 花苗

 

だいとう作業場 花苗

 

養鶏(職員1名 利用者3名)

 

駿河シャモという品種の飼育を行っています。

この鶏の特徴としては餌の中に静岡県産のお茶を混入させること。

地場産として宣伝しつつ、お茶を食べているため他の鶏よりも免疫力が強いことが特徴です。

シャモは卵から孵化して2日目の雛を100~200羽購入し、そこから飼育をしています。

現在440羽程度(11/14現在)を飼育しています。

120日齢を過ぎればオスから順番に出荷し、業者に依頼して生肉や燻製品に加工をして、それらを販売しています。

 

現在静波リゾートホテルスウィングビーチやつま恋、その他のお店などに生肉をおろしています。

燻製品においてはサンサンファーム、とうもんの里で販売中。

また、地元のイベントでも燻製品の販売やシャモ串焼き、シャモ鍋などの販売を行っています。

 

また、シャモの部屋の床を敷き詰めている籾殻においては、そこに鶏糞が混ざり、次第に黄色から茶色へ。

床が固くなってきたところで交換し、鶏糞と混ざった籾殻は堆肥小屋へ移動。

その場で堆肥作りを行う。出来上がった鶏糞堆肥は、他の堆肥や土を配合させ花苗や果樹園の事業でまわしています。

また、お客様からの要望があれば販売もしています。

 

だいとう作業場 養鶏

 

だいとう作業場 養鶏

 

△ページトップへ戻る